FC2ブログ

記事一覧

一の倉沢の絶景……


群馬県の谷川岳の麓の絶景スポット…「一の倉沢」の写真と…復路の登山日記になります

「上高地」「千畳敷カール」と並んで…登らなくても絶景を見る事が出来る…My3大絶景スポットです(笑)



一の倉沢へ向かう道……

↑こちらの往路の記事の続きになります



山道を1時間程歩くと…ようやく一の倉沢の看板が見えてきて…


一の倉沢1

↑ずっと見たかったあの絶景が…目の前に迫ってきます

左側に2つの看板があって…近づいてみると……



一の倉沢2

↑右側は記念スタンプ…

左側は…自然を守るための募金箱になっています

何回でも見たい景色です……ずっと守って頂きたく…少しばかりですが入れてきました



一の倉沢3

↑カーブの先へ進んでいき……



一の倉沢4

↑歩いてきた道を振り返る右側は…清流がいい感じです



一の倉沢5

↑左側には…遮るものがない状態で…あの絶景が迫ってきます


山番組で…魔の山と言われる谷川岳の山頂から…こちらの沢を覗き込む強烈な映像を観たり…

ノンフィクションドラマで…ロッククライミングの凄まじい様子も見たこともありますが……

呑気にも…ここで一番最初に思った事は……清流に溜まった水の透明感に…

「これが谷川岳の名水になるのか…美味しそうだな♪」…でした(^-^;



一の倉沢6

↑舗装された通りから…名水を求めて河原へと進んでみました

ロッククライマーは…いったい何処から登るのか…

この先がどうなっているのか気になり…止める夫を無視して更に進んでみましたが…



一の倉沢7

↑50mも進まないうちに…魔の山の吸い込まれそうな異様な空気に恐れをなし…迂回しました💧




一の倉沢8

↑復路は同じ道を歩きますが…往路とは全く状況が変わりました

山の天気は変わりやすく…凄まじい豪雨に見舞われます

個人で車で来ているので…雨宿りをしても良かったのですが…

レインウェアーもあり…ロックハート城へ行きたいがために…滝のような雨の中を歩き始めました

周囲は真っ白で何も見えなったので…行きの写真を掲載しました


突然の事……簡単なハイキングコースなので…傘も持たない軽装の数組の方とすれ違います

雨宿りをする場所もなく…6月と言っても山はまだ寒く……

そんな中…子供に自分の上着を着せて…半袖で歩くお父さんの事は…今でもよく覚えています

行きは景色も良く…あっと言う間に感じた道が…何も見えない状況と寒さで…途轍もなく長く感じる中…

途中で迂回を決意された…お一人様の熟練ロッククライマーの方と…お喋りしながら歩くと…少し気が楽に……

夫は無口なので…こういう時…いつも恐怖心しかありません



一の倉沢9

↑ようやく出発地点の建物が見えてきました

少し温まる目的もあって…こちらの資料館に入ってみましたが……



一の倉沢10

↑入った瞬間…突然現れた熊の剥製に…更に寒気が増し全身鳥肌…(>_<)

このシチュエーションで熊に遭遇したら…どのように身を守るか考えたら…頭痛もしてきました(笑)

剥製でも…見るのはこれで最後にしたいです💧

お化け屋敷じゃないし…もう少し奥の方に置いていただけないかと…思ったりもして…💧


続いて見えてきたのは…ザイルとロープ……命を守る道具の精巧さと大きさに驚き…

全く無縁の登山用具ですが…こちらは見ていて…なかなか楽しかったです♪

そして…高山植物や野鳥の写真に…ほのぼの……高山植物辞典を…千円で購入しました!

これから少しずつ覚えていくつもりですが……もう何回同じ事を書いているだろう…(笑)



一の倉沢11

↑歩荷(ボッカ)の方が食料品などを入れて山小屋へ運ぶ…大きなリュックサックが展示されていました

隣りに自分のリュックサックを置いて撮影すれば良かったのですが…

30ℓのMyリュックの倍以上の高さがありまして……30ℓでも登りは凄く大変!!


最近はヘリコプターで運ぶ事が多いようですが…

山小屋で出される食事は…苦労して運ばれてくるので…

たとえ嫌いなセロリでも食べなくては…と子供のような事を思ったりしながら…

資料館を後にして…駐車場へ向かいます




🎵 My3大好きな音楽の中の1曲に…クラシックらしい「アルビノーニのアダージョ」という曲があって…

韓流ドラマ「会いたい」でも何回も流れ…この頃からピアノ用にアレンジ&楽譜と思いながら遅々として進まず

5年も「あーでもないこーでもない」と考え中で…

激下手の(すみません💧)…アレンジ&練習中の曲を録音して掲載しました


♪ アルビノーニのアダージョ

↑下手っぴな上に…1分程しか録音できないので途中までですが…

神秘的な物悲しい旋律が…この山に合っている気もしました


他の2曲は…「太陽がいっぱい」と「ひまわり」です

映画音楽のCDを車中で聴いていて…この曲が流れると…

何回も×2も巻き戻すので…時々夫が発狂しています

他にも…「シンドラーのリスト」なども…良い曲です♪





今日も…ご覧頂きまして…ありがとうございました!!














スポンサーサイト



コメント

一の倉沢の絶景……

熊の剥製・・・確かに入ったらビビるでしょうね。
以前の記事は寒さ(千葉だったかな?)、それと熊に出会いそう?って無かったでしたっけ?
間違いでしたらゴメンナサイ

どこかの温泉で温まってくださいね。
ピアノ・・・運転が狂うような曲ではなさそうでしたが・・・(笑)

Re: 一の倉沢の絶景……

ロベールさん…こんばんは…

寒い中…一番最初に目に入ったのが熊の剥製で…悪寒がしました(笑)
熊出没情報…山には多いですが…あの話は奥多摩だったと思います^^

群馬県へ行ったら…露天風呂巡りをしたいです
先日掲載してくださった温泉と…四万たむらのはしごで……
秘湯を守る会の温泉も狙い目ですね!

自分が好きな曲を…何回もリピートするから…夫は嫌みたいですよ(笑)
でも…良い曲は…何回でも続きて聴きたくなってしまって……

コメント頂きまして…ありがとうございました!!

No title

楽に絶景を観ることができる場所、最高ですね\(^o^)/
シンガポールのセントーサ島でもスコールに遭いましたが、山でもやはり雨具持参したほうが無難ですね。

すてきなピアノ演奏も拝聴いたしました♫
「会いたい」の子役のコンビ、たしか「太陽を抱く月」でも共演されていたような・・・・
ユ・スンホさん、「悲しき恋歌」でクォン・サンウさんの少年時代をやられていたのですが、大きくなったなあという感じでした(^O^)

No title

少し前にクマに襲われた村の 記事を見ました
なので・・・・ 怖~~~~ T.Tです
熊 自身が悪いわけではないんですが、 餌にされる側としては・・・・・・
遭遇 絶対したくないですね ><

  駐在おやじ

こんばんは!

確かに熊のはく製が、入り口に置いてあるって・・・。
お化け屋敷じゃないんだからという気分判りますが
少し笑ってしまいました。

登った後の帰りにはく製にお会いしたのは
まだマシでしたね。

私もGo toで行った某島での山道で雨に降られまくりました。
勿論、合羽用意していったので、それを着て、サクサクと進みましたが、結構、雨具持っていない方って多いんですかね?

Re: No title

utokyoさん…こんばんは…

平らな道を歩くだけで絶景が観れる場所は…嬉しいです♪
セントーサ島も…遊び心がある…素敵な所でした☆彡
東南アジアなどのスコールは…強烈ですね(>_<)

激下手なピアノをお聴き頂きまして…ありがとうございます m(__)m
「会いたい」の子役コンビ…可愛かったです♡
このドラマと…確か「太陽を抱く月」も…
全州がロケ地だったような気がします…縁がありますね

ユ・スンホssiが子役出身という事は聞いていましたが…
「悲しき恋歌」のクォン・サンウssiだったとは…
素敵な俳優さんになったな~と思います^^

コメント頂きまして…ありがとうございました!!

Re: No title

駐在おやじさん…こんばんは…

トド母が…仰るニュースを見ていたようで…聞きましたが…
熊と猪は…本当に怖いようです💧
他の動物と違って…再建する気力を完全に失う程…猛烈に荒らされると
話される方がいらっしゃいました"(-""-)"

いえ×2…餌にされると思えば…熊は悪い動物ですよ!
剥製でも…遭遇したくありません(>_<)

コメント頂きまして…ありがとうございました!!

Re: こんばんは!

kanonさん…こんばんは…

自分でも…この時の事を思い出すと笑ってしまいます(^-^;
お化け屋敷並みに驚きました!
登っている時に本物に出くわしてしまったら…
もうブログを書くこともできないと思います💧

島の天気も変わりやすいですね
こちらの場所は…沢へ行く普通の道なので…
持っていらっしゃらない方が多かったです
ものぐさな私たちは…リュックに入れっぱなしでして…(^-^;

天気が変わりやすい場所は…雨合羽は大事ですね!
島の山道も風情がありそうです^^

コメント頂きまして…ありがとうございました!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Comodo

ハルラ ご訪問頂き…ありがとうございます
旅行とピアノが大好きな…主婦です!
旅行記と耳コピ&アレンジした曲を
掲載していきます……
拙い音楽と旅行記ですが…
宜しくお願いいたします
写真は韓流ドラマのロケ地
一山湖公園です

カウンター